シエラネバダ3000キロの旅 Vol.2

アメリカ

初めてこのページにご訪問くださった方は、「シエラネバダ3000キロの旅 Vol.1」からご覧ください。



2019年の春、航空券、レンタカー、ホテルを予約し、待ちに待った夏。
ようやく出発の日が1週間後に近づいてきました。

がしかし、・・・台風も近づいているではないですか、しかも近畿を直撃!
この数年、夏は毎年旅に出ているのですが、台風には泣かされています。「飛行機が飛ぶのか、飛ばないのか」と何度も何度も台風情報をチェックしては、ドキドキハラハラ。幸い、いつもギリギリセーフで飛んでいます。(悪運強いというか、なんというか)今回も一日ずれていたら、全便欠航となりましたが、私たちの出発日はセーフでした。

サンフランシスコからレッドウッドシティへ

予定通り、伊丹から羽田へ。そしてサンフランシスコへ時間通りに到着。窓側の席に座っていたので、空の上からサンフランシスコの海岸を見ていると、海に沿って霧が立ち込めています。さすが、霧の町。でも内陸部はくっきりと青い空が広がっているんですね。

入国審査の大行列を終えて、モノレールで移動し、アラモでレンタカーを借りました。

マスタングに乗るのは、これで4回目になります。ハワイ島では赤、昨年夏のアメリカで黒、冬は赤でしたが、さて、今回は・・・赤でした。赤は写真映えするし、気分も上がります↑

シリコンバレーのアップル社とfacebook社、そしてヒューレット・パッカードさんたちの創業地を見学したかったので、宿泊はレッドウッドシティのモーテル「Aterton Park Inn & Suits」を選びました。

入り口のドアを開けると、パーキングがあり、すぐそばに幹線道路82号線が走っています。ツインベッドの横には椅子とテーブル、そしてお風呂にバスタブもあり快適です。朝食まで付いていて1泊117ドル。サンフランシスコ市内のホテルは高いですが、少し離れると安いですね〜。

大好きなスーパー、ホールフーズへ夕食の買い出しに出かけました。ピザやサラダなどの惣菜、ジュース、ビールを買って、エコバッグも新しく買いました。エコバッグのデザインはおしゃれです。お土産として人気があるのも納得です。

シリコンバレー巡り

2日目は、シリコンバレーを巡ります。まずは、facebook本社へGO。
モーテルからは20分くらいで着きました。敷地の入り口にあの有名な看板があります。「いいね」のイラストがドーンと書かれています。何人かの観光客が写真を撮っていますが、皆さん看板の前で「いいね」のポーズを取っています。日によっては、この看板前で写真を撮る人が列をなしていることもあるそうです。

私もやっぱり「いいね」のポーズで撮りました。(個性がないね〜)
1 Hacker Wayというのは、facebook本社の住所です。カッコいいですよね。シリコンバレーの影響力のある企業は、自社のある住所に好きなのを命名して良いそうなのです。日本で言うところの、トヨタ自動車のある豊田市のようなものでしょうか。

本社ビルの外観はカラフルで、楽しそうな雰囲気を醸し出していました。ここで世界中の「いいね」を発信し、そして個人情報を思いっきり集めているのか〜、と不思議な気持ちになりました。

次に向かったのは、パロアルトにあるヒューレット・パッカードガレージです。スタンフォード大学を卒業した二人の若者、ヒューレットさんとパッカードさんが、ガレージで起業したのが1939年。これが、シリコンバレー発祥の地となるのです。実際に訪れると、閑静な住宅地で、すぐには見つけられませんでした。普通の家なのです。
二人が仕事場としたガレージは奥の方にしか見えませんが、日本のガレージと比較すると、かなり大きいです。乗用車が3台くらい入りそう。。
この建物は、1989年にカリフォルニア州の歴史的建造物に指定されています。

建物奥にあるのがガレージ

シリコンバレー巡りの最後はアップル旧本社です。スティーブ・ジョブスのファンである私は、ここはどうしても訪れたかった場所です。新本社はジョブズが亡くなってから建てられた建物ですので、旧本社のあるマウンテンビューへ向かいます。30分くらい走って到着。

建物の入り口には、アメリカ国旗、カリフォルニア州旗、そしてアップル社のロゴが入った旗が真っ青な空にたなびいています。
「あ〜、ここでジョブスが世界を変える革新的な製品を作っていたんだ〜」と感慨もひとしお。じぃ〜〜ん。

アップル本社の入り口


社内には当然、入れないので、外からキョロキョロと建物を覗き込んで回ります。(怪しい)
ジョブスが好きだった美しいガラスがふんだんに使われた社屋は、明るく光に包まれた室内になっているようです。そして、もちろんマックのパソコンが至る所に。(当たり前か、ここにWindowsがあったら、ジョブスにぶっ飛ばされる)

社屋前で記念写真を撮り、併設されているアップルストアに入りました。ここでしか売っていないものがあると聞いていたので、楽しみにしていました。「買うぞモード全開」になっていたのですが、それほど商品はありませんでした。Tシャツを買おうとしたら、サイズが大きく、結局りんごのロゴが入ったマグカップを買いました。

アップル本社

よく見ると、このマグカップは日本製。波佐見焼だって。なんでやね〜ん😆

             シエラネバダ3000キロの旅 Vol.3へ続く→

コメント

タイトルとURLをコピーしました