シエラネバダ3000キロの旅 Vol.3

アメリカ

初めてこのページにご訪問くださった方は、「シエラネバダ3000キロの旅 Vol.1」からご覧ください。

サンタクルーズ

シリコンバレーでは、ジョブスの住んでいた家とか、色々見て周りたいところがあったのですが、今日のメインは海岸線沿いの1号線へ出て、サンタクルーズとモントレーを観光することでした。サンタクルーズは、アメリカ人に大変人気のある海辺のリゾート地で、ピアや遊園地、ホテルやカジノもあるところです。サーフィンでも有名な場所なのです。

アップル本社を後にして、山超えの道を通って海岸に向かうと、

あれれ、
さっきまで、真っ青だった空が、どよ〜んと曇ってきました。😅
霧に包まれています。飛行機から見たまんまです。

いきなり、霧が立ち込めてきました

1時間ほど走って、サンタクルーズの町に入ると、
なんじゃこれーーー。大渋滞で車が進みません。
ちょうど土曜日ということもあって、週末をリゾートで過ごす人でごった返していたのです。大きな市営駐車場にも、ズラーッと車が並んで、全く動かない。。
しばらく待っていたのですが、1ミリも動かないので、諦めました。

ヨセミテを回って、最終的にまたサンフランシスコへ戻ってくるので、その時に再度来ようと。

モントレー

大渋滞のため想定よりかなり時間がかかり、1号線を南下してモントレーの町へ行きました。カリフォルニア文化発祥の町とも言われている港町です。ここは、10数年前にアメリカに住む友人と訪れたことがあったので、今回は再訪です。

目的は、フィッシャーマンズワーフでクラムチャウダーを食べること。(そこかい?)

フィッシャーマンズワーフは、サンフランシスコが有名なのですが、モントレーは人も比較的少なくてゆったりしています。海鮮レストランがたくさん並んでいて、店頭でクラムチャウダーの試食をさせてくれます。3軒の店で試食した結果、直感で「ここ!」と決めた店に入りました。

クラムチャウダー、頼みました!お味はどうでしょう?

あ〜〜、激ウマ♪ これです、これですよ。

アメリカの食事は量がハンパ無くて、いつも辟易となるので、二人で一皿頼みましたが、これなら一人一皿でも大丈夫です。

「もう一皿、追加、プリーズ!」


えび、ホタテ、イカ、アサリがふんだんに入っていて、こってりした味付けがGOODです。

来てよかった!

食事の後は、ヨットハーバーやピアを散策しました。ラッコやアザラシもあちこちにいましたよ。可愛いです。クジラを観に行く観光船も出ています。ほのぼのとした港町です。

宿泊は、モントレーに泊まりたかったのですが、週末のため激高だったので、少し離れた場所にあるロッジにしました。部屋は広く暖炉があるのですが、テレビもエアコンも冷蔵庫もバスタブもありません。暖炉のそばでゆっくりと会話を楽しみなさいということなのでしょうか?薪とマッチは置いてありました。

ロッジは広いのですが・・・

「暖炉より冷蔵庫が、欲しいなあ」

冷えたビールを飲みたい主人は、ブツブツ・・・😥

             シエラネバダ3000キロの旅 Vol.4へ続く→

コメント

タイトルとURLをコピーしました